WEB種子島

種子茶「りょくほう」

種子茶「りょくほう」
新茶「りょくほう」70g
種子茶「りょくほう」
茶畑
種子茶「りょくほう」
収穫目前の茶葉


走り新茶の産地種子島より【りょくほう】出荷。

新茶【りょくほう】は種子島茶のブレンド茶です。


走り新茶の産地種子島より【りょくほう】出荷。

新茶【りょくほう】は、種子島茶のブレンド茶です。

新茶ならではのさわやかな香り、口に広がるほのかな甘味をご堪能下さい。

種子島産の黒糖菓子ともよく合います。




日本最南端のお茶として、また品質・味にも自信をもってご紹介する逸品です。






種子島は日本一の走り新茶の産地。

静岡県から種子島の古田地区に移り住んだ先人達により茶業が始まり、約100年を迎えました。

今では本場産の静岡よりも先に新茶出荷され、走り新茶の産地として注目を浴びるようになっています。

出荷の早さもさることながら、茶業農家のお茶にかける情熱も尚一層磨きがかかっています。

島の気候と地形などの環境がお茶の生産に適しているようで、毎年美味しい茶葉が収穫されています。

種子島の技術を余すことなく、注ぎ込んだ「どんが秘伝の百年茶」をどうぞお楽しみください。

日本最南端のお茶として、また品質・味にも自信をもってご紹介する逸品です。



※開封後はお早めにお飲みくださいませ。






~美味しいお茶の淹れ方~



1・湯飲みにお湯を8分目(約60~80ml)ほど入れて約1分ほどさまします。約70℃~80℃が目安。

※このお湯を捨てずに、お茶を淹れるのに使います。



2・お茶の葉を急須に入れます。1人分で約4~4.5g(ティースプーン約2杯)です。
先ほど湯飲みに移して冷ましたお湯を注ぎ60秒ほど待ちます。


3・約1分おいた急須から湯飲みに濃淡のないように均等にお茶をつぎます。また、最後の一滴までつぐ事で、二煎目のお茶が美味しくなります。 二煎目は、一煎目で栄養や、うま味成分がほとんど出ていますので、熱湯を入れても大丈夫です。

【単品1袋でご注文の場合、ヤマトメール便の利用も可能です。送料ご相談下さい。】






原材料名:緑茶

原料原産地名:鹿児島県

内容量:70
g

賞味期限:商品に記載

保存方法:高温・多湿を避け移り香にご注意ください

製造者:種子島茶生産組合

鹿児島県西之表市古田1100-55

価格:820円
「新茶入荷待ち」暫くお待ちください。
| ホーム |

安納芋販売

カートの中身

商品検索

Copyright c 2005 WEB種子島. all rights reserved.